コンプライアンスcompliance

SRDグループでは、「コンプライアンス」を「会社の事業活動が法令、通達、定款および社内規程ならびに社会の一般規範を遵守していること」と定義し、倫理行動規範に基づいて、コンプライアンスの推進に努めています。グループ全役職員が、SRDグループのコンプライアンスを正しく理解し、各自の職務において常に実践できるように、以下の取組を実施しております。

定期的なコンプライアンス研修の実施

SRDグループでは、1~2ヶ月に1回、グループ役職員を対象とした「コンプライアンス研修」を実施しております。この研修により、社員一人ひとりの「正しさを求める心」が基盤となり、グループ全体の健全なコンプライアンス経営の実現および意識改革につながるものと、期待しております。

コンプライアンスマニュアルの周知

コンプライアンスへの意識強化に向けた取組の一環として、「コンプライアンスマニュアル」を作成し、グループ全役職員に公開しております。
このマニュアルは、グループのコンプライアンスを具体化したものであり、すべての法令等を網羅するものではなく、特に重要と思われる問題に関して、基本的な事項をまとめたものです。全役職員が法令や社内ルールを守り、コンプライアンスの観点から判断に迷いが生じたときには、マニュアルに立ち返ることができるよう工夫しております。

コンプライアンス・リスク管理委員会の設置

SRDグループの経営理念を実現するために、コンプライアンスの推進および社会的信用の向上、ならびにリスクの低減および会社損失の最小化を図ることを目的として、「コンプライアンス・リスク管理委員会」を設置しております。
コンプライアンス・リスク管理委員会はコンプライアンスに関わる各種事案に対して、コンプライアンス違反が発生した場合には、その対応および再発防止策を検討し、不正・不祥事の予防、早期発見ができるよう、体制を整えております。
また、全ての従業員から幅広く報告・相談を受付ける窓口として、内部通報窓口を設けております。

倫理行動規範の策定

SRDグループでは、全役職員が企業市民として倫理行動規範を遵守し、業務の遂行にあたるべく、倫理行動規範を策定しております。